【NFT入門】NFTの始め方は?買う方法・売る方法を徹底解説します!

NFTART

今回は、2021年より急激に話題となっているNFT。その中でも75億で落札された作品が話題となった「NFTアート」の始め方について説明します。

まだ日本語サイトのページが少ないため、「どこで・どうやって」始めたらよいのかいまいちピンとこない。その問題を解決するべく説明します。それでは参りましょう。

NFTアートってそもそも何なの?


NFTアートを説明する前に理解しておきたいのが、NFTとは何なのか?ということです。

NFTとは「非代替性トークン」といい、簡潔にいうと「唯一性のある価値を担保出来る技術」です。

つまりNFTアートとは、たった1つのアートとして証明する事が出来る作品(本物)だということです。他ページでもNFTに関して記事を作成しているので、詳しく知りたい方はご覧になってはいかがでしょうか。

NFTアート:唯一のアートとして証明する事が出来る物

NFTアートの始め方


ここからは、本題に移り「NFTの始め方」についてご説明します。冒頭にもお伝えした通り現状日本語でNFTアートをどうやって買うのか、売るのかを説明している記事は少ないと思います。

今回は分かりやすく説明していきたいと思います。始めるための流れは、大まかに4つのステップに分かれます。

今回は、METAMASKというウォレットとOpenSeaというマーケットでの始め方を紹介します。

その1 まずはウォレットを作成しよう!

NFTを売買するためには仮想通貨が必要となります。

例えばイーサリアムは、NFTのやり取りを行う上で主要な通貨となっています。ウォレットは様々あるのですが、

今回は私も使用しているMetaMaskというウォレットの作成方法をご紹介します。


それでは早速OpenSeaのサイトへ行きましょう。

OpenSea: Buy Crypto Collectibles, CryptoKitties, Decentraland, and more on Ethereum
A peer-to-peer marketplace for rare digital items and crypto collectibles. Buy, sell, auction, and discover CryptoKitties, Decentraland, Gods Unchained cards, b...


まず右上にあるアイコンをクリックします。

nft opensea

Get MetaMaskをクリックしてください。

nft metamask

次にプラグインをウェブブラウザにダウンロードします。

google chromeでもinternet exploreでもプラグインは使用可能です。

バナーをクリックしてガイダンスの通り進んでください。

ntt metamask

ダウンロードが完了するとこのページに移行します。

”はじめる”をクリックしましょう。

art metamask



ウォレットの作成をクリックしましょう。

metamask registar



同意しますをクリックして次へ




任意のパスワードを入力して、利用規約にチェックを入れて作成をクリック。

nft art



ここで設定変更や初回ログイン等で必要になるシードフレーズが付与されます。

 大変重要な物になるので、紙にメモして保管してください。スクショ等ではハッキングされたりするとフレーズを盗まれる可能性がありますので、紙に書いて保管が安全です。

metamask



お疲れ様です!これでウォレットが作成できました。

nft


その2 NFTマーケットに登録しよう!

ウォレットの準備が整ったら続いてはNFT化した様々な作品を売買することが出来るマーケットに登録をしましょう。

今回OpenSeaという現在最も大きなNFTマーケットへの登録方法をご紹介します。他にも主要なマーケットがいくつかありますが、本日は名前だけのご紹介しておきます。

現在主要なNFTマーケット

OpenSea
今回は最もマーケットの大きいOpenSeaの登録方法について紹介します。

Rarible

Foundation



それでは早速OpenSeaでログインしましょう。先ほどと同様にOpenseaへ行きます。

次に同じく右上のアイコンをクリックしてください。

そしてMetaMaskを選択してSign Inをクリック。

この際に初回ログインの場合は、ウォレット作成時に発行されたシードフレーズが必要になりますので、フレーズを入力してログインしましょう。

login

これでOpenSeaへのサインインが完了しましたね。

これでお財布を持って、マーケットに行く準備が出来たね。

後は、お財布に作品を買うためのお金を入れるだけだ!


その3 ウォレットにイーサリウムを入金しよう!

ようやく大枠は完了しました。あとは、売買に必要なイーサリウムを準備します。
ビットフライヤーやコインチェック等でイーサリウムを購入しウォレットへ送金しましょう。
現在コインチェックは国内で唯一のNFTマーケットをオープンし非常に注目です。まだ口座を開いていない方はサクっと開設しておくと今後役に立つと思いますよ。


ちなみにビットフライヤーの送金方法は下のページに記載しています。

https://bitflyer.com/ja-jp/faq/5-1


NFTを購入する為にはイーサリウムが必要なのですが、売る際にも初回のみ費用が掛かります。それ以降はずっと無料です。私の時は約4000円程度掛かりました。ですが、他マーケットよりも手数料が安いのでNFTを売買するならOpenSeaだと思います。

ですがこれから様々なNFTマーケットが登場して、もっと簡単に取引出来るようになって欲しいですね。

その4 準備完了、さっそく始めてみよう!

NFTアートの購入方法

まずOpenSeaの作品の中から欲しい物が見つかったらそのページに行きましょう。


そして、該当ページにあるBUY NOWというバナーをクリックすることで購入が可能となります。

NFT買い方

NFTアートの売り方

最後にNFTアートの売り方です。
まずは、下記の画像の通りCreateをクリックしてマイページに移動しましょう。

NFT売り方


移動すると下のページに移ります。


そこで、赤枠で囲まれているCreateをクリックしてフォルダ(Collection)を作りましょう。

フォルダの名前やバナーなど入力して作成を行って下さいね。

NFT売り方1

このフォルダ(Collection)をクリックするとAddItemというボタンがあるので、それをクリックして作品をアップロードします。

アップロードの際に「署名」ボタンがポップアップで出てきますので、クリックして次へ進んでください。

この署名は「私は確認しましたよ」というサインの様な物です。

アップロードが完了すると最後に「SELL」というボタンが出てきますので、クリックしてくださいね。

そして次の画面で価格を決定し、青色のバナーをクリックして再度署名をクリックしてください。

これで、ユーザーへ商品を売り出すことが出来ます。

NFTを売る

まとめ

いかがでしたでしょうか。NFTの始め方を一通り説明させていただきました。
NFTアートコレクターとして作品を集めたいという方、自分のアートをNFTとして売りたいという方はぜひ参考にして頂けると幸いです。


長いことお付き合い頂きありがとうございました。
今後ますます盛んになることが予想されるNFT業界。


私達日本人も海外に遅れを取らないよう新情報をチェックしていきましょう!

コメント